複数を比較して自分に合っているものを選ぶことが大切

憧れの目になるためには

女性

理想の目になるための手術方法

ぱっちりとした二重は、一重や奥二重の人にとっての憧れです。しかし、美容整形を行えばその憧れの二重を簡単に手に入れることが出来ます。美容整形と聞くと一昔前までは、費用が高そう、メスを入れるのが怖い、周囲にばれそう、などネガティブなイメージを持つ人がいましたが、近年では費用も安く、メスも使わず、周囲にばれにくい自然な仕上がりになる二重整形の方法が確立され、多くの人に指示を得ています。その方法は、埋没法と呼ばれる方法です。メスの代わりに特殊な糸を使い、作り出したいラインの両端二点、または中心部を入れた三点をまぶたに固定します。そうすることで、まぶたがまぶたに埋没する形になり、自然な二重ラインを作り出すことが出来るのです。この埋没法の大きなメリットは、糸を使っているため、万が一失敗したり糸がとれたりしてしまった場合でも、やりなおしが効くということです。想像していたよりラインの幅が大きいから修正したい、という要望や、やっぱりもとの自然な目に戻したい、という場合も、対応出来るのです。費用に関しては、クリニックによって異なりますが両目でおよそ10〜15万円程度が相場です。クリニックによっては保障制度が充実しているところもあり、糸が取れた場合保障期間内であれば無料で再手術、期間が過ぎても二回目以降は半額、などのサービスを行っているところもあるので、様々なクリニックの保障内容を比較検討してみると良いでしょう。保障内容の他、HPにて実際に手術をした人の体験談や症例写真などをチェックするのもおすすめです。

埋没法の手術は、およそ10分程度かかります。注射で麻酔を刺すときに多少痛みを感じますが、その後は痛みを感じることはありません。メスを使用しないので、ダウンタイムも短く、腫れも比較的早く引きます。メイクやコンタクトなどは、医師の指示に従いOKが出るまでは使用は控えましょう。特に手術直後は患部の抵抗力が弱い状態になっていますので、メイクの粉などが入り込むと感染症を引き起こしてしまう危険があるので注意しましょう。効果は半永久的に持続しますが、万が一糸が取れてしまった場合は再手術が必要になります。また、埋没法と同じ程度人気がある方法が、切開法です。切開法は、メスを使う手術で費用も埋没法より高くなりますが、メスでまぶたに直接二重のラインを入れるので、効果が永久に持続するというのが大きなメリットです。費用は20万円程度で、術後の腫れは埋没法より多くなることが多いため、ある程度仕事や学校を休めるときに手術を行うのがおすすめです。埋没法はプチ整形の一つとして非常に人気が高いですが、永久の効果が欲しい場合は、切開法もおすすめです。どちらにもそれぞれメリットがあるので、自分に合った方法を選択することが重要と言えます。また二重に限らず、部分切開法や目頭切開法など、目に関する正解手術は他にも種類があります。目に関するコンプレックスで悩んでいる人は、まずは美容整形クリニックへ行きカウンセリングを受けることから始めてみましょう。美容医療技術が進歩した現代、理想の目は簡単に手に入れることが出来るのです。

Copyright© 2019 複数を比較して自分に合っているものを選ぶことが大切 All Rights Reserved.